INTERVIEWわたしのセルフメディケーション

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「“出す力”をサポートするアップルソース」

ココナッツオイルをはじめとする有機食品の輸入卸を手掛ける、株式会社ブラウンシュガーファースト代表・荻野みどりさん。4歳の娘さんをもつ働くお母さんとしての視点を活かし、子どもに安心して食べさせられる食、未来の健康を守る食を提供しています。大事にすべき食の選択のこと、忙しい毎日の中でヘルシーな食を取り入れていくコツをうかがいました。

ココナッツオイル以外にも魅力的な食品を製造・販売されていますね。今、力を入れているのは?

出産を機に「食べた物で人はできている」ことを実感し、「何を食べるか?」を大事に考えるようになりました。さらに今は、「きちんと出せる体か?」も大事なこととして捉えています。今や大気汚染や農薬・添加物を使った食材を完全に切り離すことはできないでしょう。だからこそ、体によくない物を「出す力」が必要なのではないかと。「出す力」をサポートする物として私が注目したのが「アップルソース」です。

アップルソースとは?

りんごを煮つぶしてペースト状にしたものです。日本ではほとんど知られていませんが、アメリカでは離乳食やヘルシーな大人のおやつとして定番で、スーパーに行くと一棚全てアップルソースが並んでいるくらいです。

日本でも体調が悪い時など、お母さんがりんごをすり下ろして食べさせてくれませんでしたか?りんごは食物繊維やカリウムを含んでいて、体の中の不要な物を出す力があると言われています。毎日りんごをすり下ろして食べるのは大変でも、アップルソースなら手軽です。こんなに便利な商品が日本にないのはもったいない!そんな思いで、アップルソースの製造・販売も始めました。

ブラウンシュガーファーストのアップルソースは、カリフォルニアで製造しているんですね。

りんごの栄養を余すことなくいただくには、本来、皮ごと食べたいもの。ただ、湿度が高い日本の風土は虫がつきやすく、りんご栽培にあまり向いていないので、農薬を使わずに育てるのは難しいのが現状です。何十種類という農薬や殺虫剤を使ったりんごを皮ごと食べるのは抵抗があります。一方、カリフォルニアは湿度も低いので、有機栽培が行いやすい環境です。それでカリフォルニアで有機栽培したりんごを使い、皮を少し残すように削って作るという選択をしました。砂糖は一切使っておらず、原材料は有機りんごのみです。

このアップルソース、子どもは大好きでパクパク食べてくれます。おいしいので毎日の習慣として食べていたら、知らないうちに「出す力」がついていたね、となったら最高です。

PROFILE

株式会社ブラウンシュガーファースト代表取締役

荻野みどりさん

おぎの・みどり 1982年福岡県生まれ。婦人服小売店で販売やバイヤーの仕事を経験。2011年に女児を出産したのを機に食の大切さに目覚め、同年、お菓子ブランドとして「ブラウンシュガーファースト」を創業。2013年に株式会社として法人登記し、代表取締役に就任する。著書に『今すぐ使いたい!ココナッツオイル』(小学館実用シリーズLADY BIRD)、『ココナッツオイル生活をはじめよう』(講談社)。『子どもから大人までココナッツオイルのヘルシーおやつ』(講談社)。
ブラウンシュガーファーストhttp://bs1stonline.com/

ブラウンシュガーファーストのスイーツショップが 6月9日(木)東京・神宮前にオープンします!

初の路面店のコンセプトは
TOKYO×JUNK×ORGANIC

乳製品フリー、大豆フリー、グルテンフリーのココナッツアイスクリームや、天然フレーバーのみで作るクリームソーダなど、子どもから大人まで、みんながニコニコ笑顔になるオーガニックスイーツが楽しめます!

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FACEBOOK