INTERVIEWわたしのセルフメディケーション

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「恋するように「健康」について考えて」

昨年の冬と今年の夏、練馬区が主催した「温活女子講座」には、多くの若い女性の参加者が集まりました。 主催したのは健康部健康推進課の 「健恋7係(けんこいナナかかり)」プロジェクト。 そのユニークなネーミングと、「行政らしくない」アプローチが新鮮と話題に。プロジェクトメンバーの中心となって活躍している板垣さんにお話をお聞きしました。

課内横断プロジェクト「健恋7係」とは?

 私の所属する健康部健康推進課は、区民の健康づくりや検診の受診等について啓発をするのが仕事です。健康推進課の各係がそれぞれ、区民の健康づくりを支援する活動を行っていますが、その中で、区民の皆さまにより積極的に健康に関心を持っていただくことが大きな課題でした。
 そこで広報戦略について、課全体で考えようということで、6つの係を横断的につなぐプロジェクトを2014年7月に立ち上げました。それが「健恋7係」です。このプロジェクト名には、区民の皆さまに「恋」するように健康のことを想ってほしい、職員も「恋」するような熱い想いで健康について伝えたいという思いと、健康推進課の「7番目の係」という意味が込められています。20くらいの候補名をメンバーがそれぞれ出し合って、その中から、みんなで選んで決めました。現在、私を含めて8名のメンバーが参加しています。

大学学園祭での子宮がん検診PRに900人

 健恋7係が最初に行った取り組みは2014年11月、練馬区内にある日本大学藝術学部で
行われた「芸術祭」への出展です。こちらは毎年開催されるいわゆる大学の文化祭にあたり、
健康推進課は毎年出展させていただいているのですが、今回は健恋7係が健康づくりについてPRしようということになりました。
 近年、若年層の子宮がん患者が増えているので、芸術祭を訪れる若い世代への検診の受診勧奨のため、「就活と恋に効く!キレイと元気のつくり方」というブースを出展。パネル展示を行い、子宮がん検診のアンケート回答者にピンクリボングッズを配布しました。同時に歯科衛生士ともコラボし、デンタルフロスの使い方を動画で見せるなどお口の健康の啓発も実施し、900名以上の方にご参加いただきました。

PROFILE

練馬区健康部健康推進課健康づくり係 保健師

板垣文緒 さん

いたがきふみお:北海道出身、看護師として9年間務めた後、保健師免許取得のため、早稲田医療技術専門学校保健学科に入学。卒業後、埼玉県内の自治体にて1年間臨時職員として勤務。2010年練馬区役所に入庁。石神井保健相談所地域保健係に配属。13年健康推進課健康づくり係に異動。現在に至る。プライベートでは、パーマカルチャーを勉強し日々の生活に取り入れるなど、ヘルシーライフを実践中。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FACEBOOK