INTERVIEWわたしのセルフメディケーション

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ママの目線でママの悩みやニーズに応えていきたい」

藤沢市の住宅街に昨年オープンしたまま薬局。徳永さんは調剤に、漢方教室の先生に、作品の販売にと大忙し。お店は決して広いわけではありませんが、近隣の作家さんのクラフト作品や漢方茶、関連情報などがきちんと並べられており、とても居心地がよさそう。看板にあるママの顔のイラストはお子さんが描いたもの。処方せんを持たずともつい入りたくなります。

薬局としてはユニークな取り組みですが、始めたきっかけは?

昨年11月にオープンしました。コンセプトは、「親しみのある、温かい雰囲気のまちのお薬やさん」。開局するに当たり、どういうお店にしようかといろいろ考えましたが、やはり「こころ温まるまちのお薬やさん」にしていきたいなと思いました。
これまで薬剤師として働いてきましたが、時間効率やスピードを優先しなくてはならず、気づいたら、対患者さんというよりも対薬、つまりモノ相手になっていました。そんなこともあって、もっと地域に暮らす方々に近い存在になりたかった。薬局は、心に残りにくい存在だと思うのですが、それをちゃんと残る存在にしたかったのです。

「まま薬局」という名前の由来は?

私自身、5才と2才の子供がいますが、そうした子育ての経験とか、ママとして興味のあることやうれしいなと思うことを大事にしたいと思いました。かわいいクラフトを販売用に置いたり、ワークショップもママが主役になれる場所を、という考えで始めました。まずは自分と同じママに好かれる薬局になりたいと。“現役ママがつくったママさんを応援する薬局を”という思いを込めました。
 事業の柱は3本あって、まずは調剤、漢方薬・漢方茶教室、そしてママさんがママさんに教えるというスタイルの健康ワークショップです。治療と予防だけでなく、バランスよくトータルでママさんを元気にしよう。ママさんが元気になれば、家族が元気になり、地域も元気になると考えました。

立ち上げのご苦労はいかがでしたか?

最初は、漢方茶カフェのような形態をイメージしていましたが、薬局として続けるには収入面も重要で、そのためには一定数の処方せん応需が必要条件となります。子供や若いママさんが多い、この場所ならばできるかなと思いました。でも当然ながら、処方せんは思ったほどの数にならず、不安になって事務スタッフと一緒にビラ配りをし、地道にワークショップを続けるうちに徐々に来店客が増え、処方せんも増えてきました。
あたりで知られるようになったのは、健康ワークショップの開催や、地域で活動するクラフト作家さんたちに参画いただくコーナーを店内に設けたことが大きいと思います。そのおかげでたくさんの方々と接点が生まれ、喜んでもいただける。単に調剤だけの展開だとしたら、精神的に結構つらかったのでは、と思います。地域の人たちが一緒に盛り上げてくれるのがとても助けになり、遠くにお住まいの方も来店してくださるようになりました。やはり薬局が本業なので、処方せんの枚数は重要で、増えることで精神的にも支えられています。漢方茶教室の開催が人を集め、処方せんも持ち込んでくださるようになったわけです。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FACEBOOK