INTERVIEWわたしのセルフメディケーション

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「時代と共に、多様化する健康食品」

近頃、目にすることが多い「機能性表示食品」。昨年より新たな制度が設けられ、健康食品の幅はより一層広がっています。たくさんある健康食品をどのように選び、取り入れていけばよいのか。「日本健康・栄養食品協会」の青山さんにうかがいました。

近年の健康食品の傾向をどう見ていますか?

 そうですね。近頃では、これまで食べなかったような物まで、健康食品として出回っています。今では、健康食品として定着しているサプリメントも、ある時期からその形態が、錠剤・カプセル状の物も認められるようになりました。そのため、医薬品と同じような製造管理や安全性の確認が必要になりますので、協会も医薬品のGMP(適正製造規範)をもとに健康食品のGMPガイドラインを作成し、工場や製品の認定を行ってきました。また、安全性についても、第三者として認証事業を行い、健康食品の品質と安全性を守るために取り組んでいます。

健康食品はいつ頃から注目され、協会はどのような取り組みをされてきたのですか?

 健康食品ブームは昭和40年代頃から始まったのですが、その当時は健康食品に関する法律の規制もなく、健康に被害が出るような粗悪品までが出回っていました。そこで国は、健康食品の成分ごとにジャンルを分けて、規格基準を決めようと動き出しました。財団を作り、日本健康・栄養食品協会が発足。健康食品を作っている会社が集まって、各々の規格基準を決めていきました。そして基準を満たしている物にはマークを付けて、消費者の方が安心して健康食品を選べるようにしたのが始まりです。

最近は「機能性表示食品」という表示をよく目にします。「トクホ」との違いとは?

 研究が進み、さまざまな食品にも機能性があることがわかってきました。その時に作られた仕組みが「トクホ(特定保健用食品)」です。トクホというのは、国がしっかりと有用性や安全性を審査して、許可を出している制度なんですね。トクホの認証を受けるには試験や審査に時間がかかる上、資金も必要です。
 トクホ以外にも優れた機能性を持った食品はたくさんあるということで、昨年から始まった制度が「機能性表示食品」になります。機能性表示食品というのは国の許可ではなくて、事業者が研究結果や文献などから、機能性のエビデンスについてしっかりと評価をして消費者庁に届出する。受理されれば機能性表示食品としていいですよ、という仕組みなんですね。

PROFILE

事務局長 青山 充さん画像

公益財団法人 日本健康・栄養食品協会

事務局長 青山 充さん

あおやま・みつる 2006年4月茨城県健康危機管理対策室長に就任。08年4月保健福祉部保健予防課長、10年4月保健福祉部次長を経て、11年5月茨城県庁を退職。11年6月より公益財団法人日本健康・栄養食品協会事務局長を務める。特別用途食品制度に関する検討会(消費者庁)委員及び次世代ヘルスケア産業協議会新事業創出WG委員なども務める。薬剤師。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FACEBOOK