TOPICS

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「スギ薬局と愛知県西尾市共催の健康イベントに2000人」

骨密度や体組成、血圧など、様々な健康データのチェックを店内でできるようにした薬局やドラグストアが増えています。「わざわざ検診施設に行ってまでは・・」という人も「身近なところならば」と足を運ぶケースも少なくなく、住民の健康増進が課題となっている自治体と協力して、大型イベントとして実施するケースもあります。このほどスギ薬局が愛知県西尾市と共同開催した「にしお健康フェア」を取材しました。

健康増進を目的とする体験イベント「にしお健康フェア」がこのほど、スギ薬局と愛知県西尾市との共同で開催されました。11月26日・27日の両日で約2000人が来場、場内に設営された健康チェックブースや協賛企業ブースを訪れ、自分の検診データや健康情報を測定・収集したり、にぎやかなステージイベントを楽しんだりしました。

スギ薬局は昨年から、地域密着型の健康体験イベントを開催しており、これまで愛知県刈谷市・豊橋市、岐阜県岐阜市で開催、のべ約6000人が来場しています。

会場では、骨密度や体組成、血管年齢、足腰年齢、肌測定などが無料で体験できるとあって、行列ができるブースもありました。

また子供向け企画としては、薬剤師の仕事を体験できるコーナーも設置され、白衣を着た未来の薬剤師たちが興味深い様子で参加していました。

テーマブースでは、「風邪対策」「健康サポート」「肌の健康」を特集し、スギ薬局に加えて、アサヒグループ食品やライオンなど10数社の協賛企業が出展、ミニセミナーや相談会、各種の体験コーナーなどでにぎわいました。

場内に設けられたイベントステージでは、いろいろなエクササイズやラテンダンス、フラダンスなどの発表が華やかに繰り広げられました。

今回は、西尾市が全面的に協力しており、消防本部によるAED講習や建築課の耐震改修相談会、危機管理課の自転車シミュレーター、健康課の大腸がん検診などが実施されました。また西尾市観光協会も名産となっている抹茶を使ったお茶漬け試食などでアピールを図りました。

SHARE

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FACEBOOK